レスベラトロールの摂取目安量

長寿遺伝子を持つと注目のレスベラトロールですが、毎日どのくらいの量を摂取すれば良いのでしょうか。
食物に含まれるレスベラトロールは微々たるものです。
赤ワイン1リットルに対して1mg以下です。
赤ぶどうの皮も同じですが、普通ぶどうの皮は食べませんから、対象外です。
ピーナッツ(落花生)にも含まれていますが、渋皮に多く含まれているのでこれも対象外です。
またイタドリは日本国内ではレスベラトロールの採取を禁じられていますので、これも対象外です。
レスベラトロールの1日の摂取目安値は500mgまで大丈夫とされています。
国の摂取目安量は決まっておらず、今のところの実験では大量摂取しても危険性は無いようです。
しかしサプリメントであればその摂取容量を守ることが大切です。
レスベラトロール500mgは前述の含有量からわかるように大変な量です。
ワインに換算すると1日100~400リットル、毎日水のようにワインを飲む人でなければレスベラトロールから効果を感じることは出来ません。
では現在販売されているレスベラトロールが配合されたサプリメントは何mg配合されているのでしょうか。
資生堂の『レスベラトロール』は1粒あたり2mg(1日3粒推奨)など微々たる量から、わかさ生活の『サンタベリーレスベラトロール』は1粒あたり25mg(1日1粒推奨)、山田養蜂場の『レスベラトロールプラス』は1粒あたり35mg(1日2粒推奨)、ラフェンサの『レスベラトロール サプリメント サプリ』は1粒あたり約41mg(1日3粒推奨)まであります。
今のところ目安摂取量が国で定められていないため、各社の摂取目安量を必ず守ってください。